10月6日 『シェーナウの想い』上映会@藤沢

10月6日 『シェーナウの想い』上映会が藤沢であります。

『楽しい節電でおトクトーク♪』に、たいよう講参加します。

ドイツの小さなまちシェーナウの市民のチカラで、
自然エネルギーの電力会社を苦難の末につくったドキュメンタリー映画
『シェーナウの想い』上映会 & 楽しい節電でおトクお話会

【日 時】 10月6日(土) 13:30~
【参加費】 無料(カンパ大歓迎♪)
【場 所】 カソリック藤沢教会センターホール
藤沢市鵠沼石上1-1-17
藤沢駅より南口広場をわたり小田急デパート側の江の電沿い徒歩3分

『シェーナウの想い』

チェルノブイリ原発事故の影響は、ドイツの小さなまちシェーナウ市にもおよびました。
チェルノブイリと同様、近くに原発を臨むこの街で、子ども達の未来に
不安を持つ親たちが集まり、住民運動を始めました。
放射能から身を守るための情報を発信する情報スタンドの設置、
「節電キャンペーン」「節電コンテスト」。
そして、市と独占的に契約を結んでいた電力会社に対し原発に頼らない電力供給、
エコ電力の買取価格の引き上げ、そして節電を促すために基本料金を引き下げ、
使用料金を引き上げる比例料金制度を提案しますが、冷たくあしらわれてしまいます。
そこで、「自分たちで電力会社をつくってしまおう!」と市民による電力会社を
発足させようという運動が起こります。
原子力のない未来を願う親たちの小さな住民運動は、やがて電力革命を巻き起こし、
ついにドイツの電力史を塗り替えます。
これはそのシェーナウの人々の思いを綴ったドキュメンタリーです。

http://www.geocities.jp/naturalenergysociety/

【スケジュール】
■「シェーナウの想い」映画上映 (60分)
~おやつ休憩(15分)~

■『楽しい節電でおトクトーク♪』
エネシフコミュニティ「たいよう講」を囲み、映画を見て、自分たちでどんな事ができるか、
みなさんの思い描く市民電力、こんな風になっていくといいな等、
アイデアを交換してみたいと思います!
お気軽にご参加ください。

■ アンペアダウン不動産(展示)
アンペアダウンコンシェルジェ(アンペアダウンのご相談)/たいよう講

《たいよう講》
鎌倉、逗子、葉山などの三浦半島や、湘南近辺の地域から
持続可能なエネルギーへエコシフトを目指すコミュニティです。
原子力や化石燃料に依存した社会ではなく、生命の基盤となる
自然環境を大切にした社会へ、地域からのエネルギーシフト
を志しています。エネルギーを大量消費するのではなく、
地域で考え、繋がりを大切にして、
ライフスタイルの提案や実践を行っています。

http://taiyoukou.greenwebs.net/

———————————
主催 みんなで決めよう「原発」国民投票 神奈川
当会本部のHP http://kokumintohyo.com/
神奈川HP http://kanagawa.kokumintohyo.com/
共催 イマジン湘南
後援 藤沢エコネット
お申込み・お問合せ メール:kanagawa.kokumintohyo☆gmail.com(宮本、横岸澤)
※☆を@に変えてください。
お席はメールでのご予約された方を優先とさせて頂きます。

『内部被ばくを生き抜く』鎌倉・連続上映会

鎌仲ひとみ監督、最新ドキュメンタリー映画
『内部被ばくを生き抜く』の鎌倉・連続上映会があります。

 

スケジュールは、以下となっています。

——————————————-
8月10日 18:30~【鎌倉生涯学習センター第5集会室】予約不要

8月15日 12:30~【亀時間】 鎌倉市材木座3-17-21
tel:0467- 25-1166 電話申し込み/ワンドリンクオーダー

8月19日 12:30~ 【鎌倉恩寵教会】(鎌倉市佐助1-9-3) 予約不要

8月22日 12:30~【ソンベカフェ】鎌倉市御成町13-32
tel:0467-61-2055 電話申し込み/ワンドリンクオーダー
——————————————-
『内部被ばくを生き抜く』公式サイト
http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

 

7月18日たいよう講『エネルギーに関する法律や条例を学ぼう』 ~鎌倉「あじさい条例」知ってる?~

『エネルギーに関する法律や条例を学ぼう』
~鎌倉「あじさい条例」知ってる?~

・日時 7/18(水)19時~ 21時半
・場所 ソンベカフェ 鎌倉裏駅徒歩3分
・参加費  200円以上
場所代と活動費としてドネーションいただいています。
参加申し込みは不要です。
・飲食
持ち込み可、シェア大歓迎!
当日はお店がお休みのため、食べ物のオーダーは出来ません。
一部の飲み物はオーダーできます。
・主催 たいよう講 http://taiyoukou.greenwebs.net/

内容『エネルギーに関する法律や条例を学ぼう』

~鎌倉「あじさい条例」知ってる?~


311後、エネルギーについて関心が高まるなか、
鎌倉市で先日、脱原発と再生可能エネルギー推進を目指す条例ができました。
条例で脱原発を書いているのは、北海道と鎌倉市しか現在までないようです。
この条例を読んで、条例で書いてあることを学び、シェアして、
いかに実現していくか考えたいと思います。
条例の提案し実現された議員さんに、来ていただいてお話を聞く予定です。
また、原子力やエネルギーに関するパブコメや、今月からスタートした
自然エネルギー(再生可能エネルギー)の固定価格買取制度についても、シェアできればと思います。

「鎌倉市エネルギー推進及び再生可能エネルギー推進の促進に関する条例」
http://kamakura.kgnet.gr.jp/pro-board/file/1328014780.pdf

他にも、お時間があれば、こんな話もシェアできればと考えています。

☆以下、ご参考

内閣府国家戦略室エネルギー・環境会議にて
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する意見の募集=パブリックコメントを行っています。

国家戦略室エネルギー・環境会議ページ
http://www.sentakushi.go.jp/


経済産業省資源エネルギー庁で、新しい基本計画策定のため、総合資源エネルギー調査会に基本問題委員会で
新しいエネルギー基本計画について意見募集

http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonmondai/ikenbosyu.htm

原子力政策のあり方について、原子力政策大綱の新大綱について、
国民の意見を募集して、2週間ごとに発表されています。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/tyoki_sakutei.htm


環境エネルギー政策研究所 プレスリリース 自然エネルギー固定価格買取制度のスタートにあたり

http://us2.campaign-archive1.com/?u=d091b19b672c0c5a748427770&id=b41b5460a2&e=7e4f3e5fff

トランジション・シンポジウムの動画

先日参加したトランジション・シンポジウムの動画のURLです。
http://www.ustream.tv/channel/transitiontown

実践者によるトークタイムPart2の52分頃から、たいよう講の話があります。

http://www.ustream.tv/recorded/23210772
お時間あるときに全体とおして、観ていただくと面白いと思います。

内容は、順番に

トランジションタウンとは?
http://www.ustream.tv/recorded/23208095

映画『In transition2.0』を見てのシェアリング

http://www.ustream.tv/recorded/23209681

実践者によるトークタイムPart1

http://www.ustream.tv/recorded/23210675

実践者によるトークタイムPart2

http://www.ustream.tv/recorded/23210772

実践者によるトークタイムPart3

http://www.ustream.tv/recorded/23211833

各地のトランジションタウン・ブース交流会

http://www.ustream.tv/recorded/23212081

ぐるぐる太陽まつり 

ぐるぐる太陽まつり 
the road to FUEDA JOINT
2012年6月21日 木曜日 夏至
10:00〜15:00 パタゴニア鎌倉店前
16:30〜 稲村ケ崎公園 
参加費 自由料金

暦を意識して生きてみよう!という今年の鎌倉チームが夏至の祭りをお知らせします。

いよいよ春分に続いての大きな節目夏至がやってきます。
そこで以下のように「ぐるぐる太陽まつり」を開催することになりました!
一年で一番長い陽のエネルギーを浴びながら世の中の循環を意識する日として、前半は鎌倉パタゴニア前でゴミやエネルギーのことを音楽と共に伝えるイベントを、後半は稲村ケ崎の公園に移動して一番長い日の入りを眺めながら音楽の祭日に協賛した音楽イベントを開催します!

いつものように直前告知ですが何とぞご参集くださいませ。

内容
<パタゴニア前では・・・> 10~15:00
■アンペアダウンコンシェルジュ
家の間取りや家族構成を教えて頂く事で、家庭でどの様な節電が実際に出来るかをアドバイスいたします。

■コンポスト展示説明会
鎌倉市では助成金により1割負担でコンポストを購入できます。
鎌倉スタンダードになりつつある魔法のコンポストキエーロの展示販売に加えて、実際に使っている体験談や工夫の仕方、それぞれのコンポストの善し悪し等々色々相談にのります。

■ぐるぐるサミット(座談会)
持続可能な街鎌倉をテーマにみんなで語り合いましょう。
ゴミテレビ開局!生中継あります。

■紙芝居絵師なっちゃんによる紙芝居
宇宙の循環、自然の循環、細胞原子の循環、ゴミの循環など、ミクロからマクロまでのぐるぐるした循環を子供達が楽しく理解出来る創作紙芝居

■物々交換市くるくる
これまた鎌倉スタンダードになりつつある物々交換市。
みなさん不要だけどまだ使えるものたくさん持って来てくださいね。
(残念ながらもらい手いなかったものはお持ち帰り願います)

■ライブ
しびれking、トールマン、ウクレレかなえちゃん、によるライブパフォーマンス

<稲村ケ崎公園(最上段)>16:30~
夏至の夕日に向かい、宇宙自然の循環に生かされている事に感謝を捧げる祭り

■キャンドルナイトライブ
しびれking、トールマン、ウクレレかなえちゃん、七尾旅人 andコスガツヨシ more
楽器持ちより歓迎。みんなでフリーセッションして日の入りを見送ります。

主催 ぐるぐる鎌倉
協力 パタゴニア鎌倉ストア NPOかまわ NPO法人ルートカルチャー たいよう講 イマジン原発のない未来 リビエラ paradisealley moWa Middles 一花屋 氣楽 
後援 鎌倉市

夏至を境に地球は昨年の冬至から始まった分離・拡張から今年の冬至に向けて統合・収縮に向かいます。これからはそれまでに積み上げたものに水をあげ育てるとき。このような節目節目を有意義に使って宇宙の波に乗ってきましょう。

直前ではありますがお誘い合わせの上たくさんをご来場お待ちしております。

6/20(水)たいよう講 みんなが目指すエネルギーシフトした社会は?

6月のたいよう講のお知らせです。
全部の原発が停止していますが、未だに福島第一原子力発電所の事故は収束せず
4号機の倒壊により、最悪の可能性もあるなか、大飯原発の再稼働問題、汚染瓦礫の拡散など
問題は山のようにありますが、未来を自分たちで選んで、エネルギーシフトを目指そうという
動きも、いろいろな方面から聞こえてきています。

今こそエネルギーシフトの時代。
エネルギーシフトって、そもそも、どんなふうにシフトするのかというのを
みんなで話してシェアしたいと思います。

☆エネルギーシフト!
あなたが目指すのは、市民電力会社(系統連携)?
それとも独立系(オフグリッド)?
それとも、第三の道?

日時 6月20日(水)19時~21時半
主催 たいよう講 

http://taiyoukou.greenwebs.net/

Twitter @tttaiyoukou

場所 ソンベカフェ 鎌倉駅裏駅3分

内容
ドイツでは、映画「シェーナウの想い」を観た方はご存知でしょうが
脱原発から市民による自然エネルギーの電力会社が立ち上がりました。
日本でも、今年の夏からFIT(全量買取制度)の施行により、自然エネルギーが
爆発的にのびることが予想されます。 
また、2013以降に家庭の電気も自由化を目指すという話も聞こえてきました。
現在でも、「えねぱそ」などグリーン電力証書や、余剰電力の売電により
自然エネルギーを販売する会社やNPOも少数ですが、存在します。 
自然エネルギー会社が地域から、立ち上がったらと考えたら、ワクワクしませんか?

一方で、トランジションタウンの仲間では南阿蘇で、エネルギーを自給して
電力会社と繋がらないオフグリッド(独立系)と言われる暮らしをはじめたり、
藤野電力など出来るところから、自然エネルギー自給を目指す動きなどもあります。 
電力会社と繋がらないで暮らせたらと考えると、こちらもワクワクします。
あなたが、目指すのはどっちでしょうか?
それとも、もっとワクワクするアイデアがあったりとか?
市民電力会社の立上げか、独立系か、それとも両方やってしまうのか? 
それとも他にグッドアイデアがあったりするかも?
みんなで話しませんか?

節電コンテスト@鎌人いち場 での節電アイデアを大公開!

鎌人いち場で開催した第一回の節電コンテスト、素晴らしい節電アイデアがいっぱい集まりました。
一気に大公開しちゃいます。
これはというアイデアありましたら、実行してみて、感想を聞かせてください。

第二回も行いたいと思います。

たいよう講   節電コンテスト@鎌人いち場         2012/05/27

【優勝アイディア】
○その1.
冬の間は、17時になると湯たんぽを3つ準備し、その3つの湯たんぽをこたつ布団に入れて過ごしていました。
夜中の12時ぐらいまで温かいです。夜の暖房はそれだけで全然OK~^^
寝る時はその湯たんぽを持って寝室へ。今度は布団の中に入れて寝ます。
翌朝はその湯たんぽを持って洗面所へ。中のぬるま湯で顔を洗います。
一石三鳥です♪

台所やパソコンをやる場所やリビングなど、ずっと居る場所では、スタイロフォーム(2~3センチの分厚い発泡スチロールの板)
を敷いていました。下からの冷気を遮断します。

たまに炭を焼いて火鉢も使いました。火をながめることはとても原始的で楽しいです♪

夏の間は、元々クーラーのない家ですが、窓はずっと開けっぱなし(網戸)にし、夜中(できれば午前2時とか3時とか、
遅いほうがよい)に窓を閉め、夜の冷気を閉じ込めます。そうすると翌日の午前中いっぱいぐらいまで、窓閉め切り状態で
涼しく過ごせます。昼から窓は全開にします。そして窓を開けていない部分は雨戸を閉めます。かなり遮光できるし、
夏は日差しが強いのでそれほど暗くありません。

その2.
すべての家電のワット数をチェックしました。100ワットが1アンペアだそうなので、
うちでは最低何アンペア必要か調べました。そしてアンペアダウンしました。
熱を出す家電は、小さくてもワット数が高いことを知りました。
たとえばトースターやドライアーなどは小さいのにワット数が高いです。

その3.
掃除機はカーペット以外使わない。ほうきとちりとりと雑巾を使う。

その4.
代替品に変えられるものはすべて変えました。
トースター→魚焼きグリル(すぐに焼ける!洗ってあれば全然魚臭くない!)
食洗機→手洗い(汚れ落ちが良い!)
パン焼き器→パンを買う(そのほうが美味しい)
コーヒーメーカー→手で淹れる(そのほうが美味しい)
炊飯器→鉄鍋(そのほうが美味しい)
脚の毛を抜く電動器具→かみそり(赤くならない)
ヘアドライアー→自然乾燥(髪が傷まない)

その4.
もちろん照明はLEDに変更。
廊下の常夜灯は、外のソーラーライトを夕方取り込んで使い、翌朝また外に着けて蓄電します。
人のいない場所は常に消灯。
門燈はつけない。キーホルダーにソーラーライトを付けておき、夜帰宅する時にはそれを点灯して鍵穴を照らす。

その5.
コンセントは常に抜く。使う時につける。
テレビなどは節電モードに設定。

以上を実行したら、前年同月比で、夏35%~冬70%の節電が可能になりました!

【準優勝アイディア】
○Idea1
スポーツジムに集まる人のエネルギーで発電する。
例えば頑張ってるエアロバイクの回転で発電する。
お勧めポイント 「健康増進と発電で一石二鳥」

Idea2
かまどを使い薪でご飯を炊く。
炊飯ジャー分の節電になる。
お勧めポイント 「楽しく美味しいご飯が食べられる」

Idea3
部屋にこもらないで家族一緒にいれるスペースを作る。
一部屋分の電気ですむ。
お勧めポイント 「家族仲良くなれる」

Idea4
30日間電力を止めてみる。
→星空に感動する人が増える。
→30日後も夜の電灯を消す人が増える。
お勧めポイント 「星空がきれいになる」

Idea5
小さい時期に暑さ寒さに慣らす。
エアコンを使わない人が増えて節電になる。
お勧めポイント 「身体の強い人も増えて医療費が減る」

【特別賞】
○七厘と木炭を使って食事を作る。七輪は国産でも1500円~購入でき、6kgの木炭もドラッグストアで700円、4人分の鍋料理なら7-10回程度使えます。
電気も化石燃料も使わないとても環境に優しい料理方法です。一時着火材には杉の枯葉、第二着火材にはちぎったダンボールか細い小枝を使って木炭に着火させます。木炭を増やしたり減らしたりしながら火力も調整つでき、2つ使えば料理の幅も広がります。家庭菜園から直接使ったり、直接コンポストに生ゴミを入れたり、下水も汚さないで調理が可能になります。

毎日食べる食材はほとんど流通の過程で冷蔵されています。その冷蔵電源節約の為、その日に食べる野菜や魚を農家や漁師から直接買います。
葉山ではところどころで農家の直販仮店舗があります。農協前週2回、葉山湾日曜日、その他捕れたての有機野菜を冷蔵しないで置いているう店もちょくちょくあります。また、浜で矢島四郎さんの様な漁師さんの帰りを待ち、採った魚介類を売っていただくのは節電しながらとれたての幸をいただけます。
もちろん家庭菜園が一番理想ですね。

【その他アイディア】
•    お風呂で節電!
1日の終わりにお風呂でのんびり。そんな時間に、お風呂の電気を消して、たまにはキャンドルでと思い、実践しています。
電気の明かりよりもキャンドルの方が、なんだかリラックスできる気がします。
節電できて、しかもリラックス!!ぜひ、ためしてみて下さい!!

•    「夜、電気を消して、家族で語る時間をつくる」
夕食後の5分間、などと決めてやってみる。
計画停電の時に感じた電気のありがたさを思い出せるし、TVや、ゲームなどをしない、家族のコミュニケーションの時間にもなる♡♡♡

•    夏以外は冷蔵庫は使わない。
→冬は腐らないです。保存食にしたり、電子レンジを使わなくなって健康にもいいです。
出かけるときはブレーカーダウン。待機電力がゼロになる。
電気を使わないローテクを製品を見直す。

•    夜、今より5分早く寝る。これが1万人で5万分。
100万人で500万分の使用している電気の節約ができる。
想像してみるとすごい量の節電をして、誰でも簡単に実行できる。
そして健康にも良い!

•    アンペアを下げた。
冷蔵庫を使用する際、温度調整を小にする。
クーラー(エアコン)を使用しない時はコンセントを抜いておく。
炊飯器を使わず、圧力鍋を使用

•    鎌倉市で毎月□日はOFFの日とし、市民みんなで節電に取り組む。
→例えばキャンドルナイト/ブレーカーダウン/星空鑑賞/アウトドアをする
パソコンやテレビを使う時間を1日何時間にするか決めて、それ以上は使わないようにする、
疲れもなくなる。

•    冬場の冷蔵庫、出かける時は電源OFFにしても大丈夫!ブレーカーダウンはおすすめです。
夏はとにかく風通しを良くして冷房を使わない。
冷蔵庫は空いているより、詰めた方が良い。
夫婦は仲良くしないと効率が悪くてエネルギーのムダにつながる。夫婦円満は大事です♡

•    お鍋でご飯を炊く。
万能鍋、圧力鍋、ル・クルーゼ、土鍋…。
どんなお鍋でも、炊飯器で炊くより美味しい♪
保温も必要なし!
冷めても美味しいお米がいいお米だと思います。

主婦的には…
掃除機→ホウキ(こっちの方が手軽!お客さんが来る時だけ掃除機で)
冷蔵庫に入れない(元気な野菜は冷蔵庫に入れたらもったいない。保存食にするのも◎)
電気ポット→魔法瓶(まほうびん、響きがかわいい。手入れも楽)
もおすすめです!!

•    TVをみない
ほうきとちりとりとほうじ茶がらでそうじ
電球をかえる
よる早くねて朝早くおきる(免疫力もUP)
電子レンジ(オーブン)は物入れとして使用する→出すのがめんどいので使わなくなる。
使わない工夫をするようになる。
イラストなども手描き。ちらしづくりもてがきにちょうせん
レジスターは木箱
ガスストーブ、灯油ストーブを使用

•    ミントやティートゥリーなど爽やか系のエッセンシャルオイルで化粧水をつくり、暑い時に
霧吹きで顔などに吹きかけます。すっとして気持ちがよく、よい香りにつつまれます。
肌の保湿に加え、虫よけ効果も!冷房要らずで一石三鳥☆

○去年の計画停電のときから実施
「アロマキャンドルで入浴!大人のリフレッシュタイム」
3時間停電したときから始めたこと。
家中の電気を消して1本のアロマキャンドルを灯し、お風呂に入ります。
カラスの行水のわたしも、たっぷり1時間以上風呂場で過ごせる気持ちよさ。
アロマオイルも湯船に垂らし、よい香りに包まれてリラックス&リフレッシュ、できますよ。
ゆらゆら炎もまたなごみ、幸せを感じます。

○「電気炊飯器をごはん土鍋にする。」
必要な分だけ炊けばいい生活になり
いつでも香りよい炊き立てごはんが食べれる。

メディア掲載のお知らせ&鎌人いち場のご報告

 
27日の鎌人いち場たいよう講ブースは環境イベントではない中で

鎌倉のいろいろな層へ、少しはPRできたかな?と思います。

立ち寄ってくださった方、搬入のヘルプに来て下さった方、

ありがとうございました。

東京FMの取材があり、藤野電力WSを中心に記事にしていただきました。

エネルギーのことが身近に感じられる、わかりやすい記事になっています。

http://www.tfm.co.jp/timeline/index.php?itemid=52094&catid=1332

アンペアダウンのアンケートのご協力、ありがとうございました。

現在、湘南地域で23世帯が1020アンペアから555アンペアに

465Aダウンしています。アンペアダウン後の平均は24.1Aです。

「アンペアダウン後の平均を上げてしまいそうで、アンケートをためらっていました」

という声もいただきましたが、一人の100歩より100人の一歩が大切!

アンペアダウンした方は今後も是非ご連絡ください。

アンペアダウンを迷っている方、アンペアダウンはできないけど節電を

意識したい方にオススメなのが「Aらま〜」です。

詳しくは鎌倉の涼子特派員の記事をご覧ください。

http://taiyoukou.greenwebs.net/?p=282

鎌人いち場には、開発した町工場社長6人+城南信用金庫淵野辺支店副支店長が

来てくれて、炎天下のなかデモンストレーションをしてくれました。

我が家は20アンペアなのですが、10アンペアに設定して使ってみました。

ギリギリみたいで突然アラームが鳴るもののオーバーはしない様子。

かといって実際に10アンペアにしたらアイロンやミキサーが心配だし・・・。

そんな時に「Aらま〜」でアンペアがオーバーしないよう意識しつつ生活するのも

いいかなと思います。私は使ってみてとっても良かったです!

http://www.tsuden.com/

1万円でできる太陽光発電+照明に足を止めていた方も多かったです。

節電コンテストは中央のマイクを使って表彰をすることができ、

表彰対象の方にしっかりプレゼントをお渡しすることができました!

応募いただいた節電アイディアはたいよう講WEBサイトで発表予定です。

座談会には葉山の山梨町長も来てくださって、なんてフットワーク軽く

市民の話に耳を傾けてくれるのだろう!と感動しました。

楽しくオフグリッドをすすめたい、地域で発電所をつくりたい、などなど

それぞれの描く未来を語りました。街路灯勝手にオフグリッド計画も!

「たいよう講の描く未来想像図」もこの日お披露目でした。

たいよう講WEBサイトトップにありますので見てみてください♪

http://taiyoukou.greenwebs.net/

たいよう講ミニパンフレットもTさんが新調してくれたので、

みなさまもご活用ください。ソンベのチラシコーナーにあります。

藤野電力WSはかなり盛況で、見学された方も「自分でつくってみる!」

とワクワクしながら帰られました。つくった方は使ってるかな〜?

同じ県内でのトランジション・タウンのつながり、今後もおもしろいこと

一緒にやっていこう!と話したのでした。

地域のつながり、地域どうしのつながり、このネットワークに感謝です。

どうもありがとうございました。

たいよう講、いつでもウェルカムなので是非遊びにきてください。

6/10『トランジション・タウンのつくりかた』に参加します

6/10に開催のトランジション・タウンのシンポジウムに「たいよう講」も参加します。
数分ですが、活動紹介もする予定です。

多くの人と繋がり、トランジションした社会へエネルギーシフトしたいと思います。

お時間あれば、ご参加下さい。

6/10『トランジション・タウンのつくりかた』のご案内

トランジションタウンって何?
どのような活動をしているの?
私にもできるかしら?
そんな方へご案内します。

持続可能な暮らしを目指して活動している事例をたくさん紹介したいと思っています。
どうぞ、ご参加ください。

+++++

映画上映会&トークイベント
『トランジション・タウンのつくりかた』
〜持続可能なまちづくりへの事例紹介〜

《日時》 6月10日(日)13:00 〜 17:30
(12:30開場)
《場所》明治学院大学 白金キャンパス(東京都港区)
http://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/
パレットホール
《アクセス》
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/index.html
《参加費》1,000円

《プログラム》
13:00 トランジション・タウンとは
13:30 映画『In transition 2.0』上映(1時間)
15:00 日本各地の事例紹介 (30分)
15:30 実践者によるトークタイム
・『コミュニティはじめます』
・『地域通貨シンポジウム』
・『エネルギーシフト』  など
16:45 各地のトランジション・タウン ブース交流会
17:30 閉会

18:00 懇親会(学内で開催。2000円別料金)
ご参加の方は、マイ皿、マイはし、マイコップをご持参ください。

《申込方法》
下記のフォームよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2a209378141731

※『In Transition 2.0』(『トランジション進行中2.0』)
2012年、Transition Network制作 1時間6分

いま住んでいる地域をコミュニティの力を合わせて活動することで、
持続可能にしていくこと。それがトランジション・タウン。
すでに世界1800地域、日本では25を超える地域がトラ
ンジション・タウンとして
名乗りをあげ、あるいはその準備を始めています。
『In Transition 2.0』は、日本語に訳せば『トランジショ
ン 進行中 2.0』。
イギリス、アメリカ、ポルトガル、ニュージーランド、インド、日本など
世界各地の多岐にわたる取り組みが紹介されているドキュメンタ
リー映画です。

トランジション運動の始め方から地方自治との協働まで。
顧客が出資するパン屋さん、地域の発電所つくり、といった先進
的 な取り組みと
同時に、空き地や駅のホームに菜園を作ったり、村を清掃したり、
家の壁を塗り替えるだけでも、人が元気になる、地域に活気が出てくる。
そんな、トランジション・タウンの魔法ともいえる事例もたっぷり。
この映画を見たら明日からでも自分の住んでいる地域で始めたく
な るかもしれません。
日本からは藤野電力の活動が紹介されています。

主催:NPOトランジションジャパン
http://transitionjapan.cocolog-nifty.com/
連絡先:transitionjapan☆gmail.com(☆を@に変えてお送りください)

共催:明治学院大学国際平和研究所
http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/