節電コンテスト@鎌人いち場 での節電アイデアを大公開!

鎌人いち場で開催した第一回の節電コンテスト、素晴らしい節電アイデアがいっぱい集まりました。
一気に大公開しちゃいます。
これはというアイデアありましたら、実行してみて、感想を聞かせてください。

第二回も行いたいと思います。

たいよう講   節電コンテスト@鎌人いち場         2012/05/27

【優勝アイディア】
○その1.
冬の間は、17時になると湯たんぽを3つ準備し、その3つの湯たんぽをこたつ布団に入れて過ごしていました。
夜中の12時ぐらいまで温かいです。夜の暖房はそれだけで全然OK~^^
寝る時はその湯たんぽを持って寝室へ。今度は布団の中に入れて寝ます。
翌朝はその湯たんぽを持って洗面所へ。中のぬるま湯で顔を洗います。
一石三鳥です♪

台所やパソコンをやる場所やリビングなど、ずっと居る場所では、スタイロフォーム(2~3センチの分厚い発泡スチロールの板)
を敷いていました。下からの冷気を遮断します。

たまに炭を焼いて火鉢も使いました。火をながめることはとても原始的で楽しいです♪

夏の間は、元々クーラーのない家ですが、窓はずっと開けっぱなし(網戸)にし、夜中(できれば午前2時とか3時とか、
遅いほうがよい)に窓を閉め、夜の冷気を閉じ込めます。そうすると翌日の午前中いっぱいぐらいまで、窓閉め切り状態で
涼しく過ごせます。昼から窓は全開にします。そして窓を開けていない部分は雨戸を閉めます。かなり遮光できるし、
夏は日差しが強いのでそれほど暗くありません。

その2.
すべての家電のワット数をチェックしました。100ワットが1アンペアだそうなので、
うちでは最低何アンペア必要か調べました。そしてアンペアダウンしました。
熱を出す家電は、小さくてもワット数が高いことを知りました。
たとえばトースターやドライアーなどは小さいのにワット数が高いです。

その3.
掃除機はカーペット以外使わない。ほうきとちりとりと雑巾を使う。

その4.
代替品に変えられるものはすべて変えました。
トースター→魚焼きグリル(すぐに焼ける!洗ってあれば全然魚臭くない!)
食洗機→手洗い(汚れ落ちが良い!)
パン焼き器→パンを買う(そのほうが美味しい)
コーヒーメーカー→手で淹れる(そのほうが美味しい)
炊飯器→鉄鍋(そのほうが美味しい)
脚の毛を抜く電動器具→かみそり(赤くならない)
ヘアドライアー→自然乾燥(髪が傷まない)

その4.
もちろん照明はLEDに変更。
廊下の常夜灯は、外のソーラーライトを夕方取り込んで使い、翌朝また外に着けて蓄電します。
人のいない場所は常に消灯。
門燈はつけない。キーホルダーにソーラーライトを付けておき、夜帰宅する時にはそれを点灯して鍵穴を照らす。

その5.
コンセントは常に抜く。使う時につける。
テレビなどは節電モードに設定。

以上を実行したら、前年同月比で、夏35%~冬70%の節電が可能になりました!

【準優勝アイディア】
○Idea1
スポーツジムに集まる人のエネルギーで発電する。
例えば頑張ってるエアロバイクの回転で発電する。
お勧めポイント 「健康増進と発電で一石二鳥」

Idea2
かまどを使い薪でご飯を炊く。
炊飯ジャー分の節電になる。
お勧めポイント 「楽しく美味しいご飯が食べられる」

Idea3
部屋にこもらないで家族一緒にいれるスペースを作る。
一部屋分の電気ですむ。
お勧めポイント 「家族仲良くなれる」

Idea4
30日間電力を止めてみる。
→星空に感動する人が増える。
→30日後も夜の電灯を消す人が増える。
お勧めポイント 「星空がきれいになる」

Idea5
小さい時期に暑さ寒さに慣らす。
エアコンを使わない人が増えて節電になる。
お勧めポイント 「身体の強い人も増えて医療費が減る」

【特別賞】
○七厘と木炭を使って食事を作る。七輪は国産でも1500円~購入でき、6kgの木炭もドラッグストアで700円、4人分の鍋料理なら7-10回程度使えます。
電気も化石燃料も使わないとても環境に優しい料理方法です。一時着火材には杉の枯葉、第二着火材にはちぎったダンボールか細い小枝を使って木炭に着火させます。木炭を増やしたり減らしたりしながら火力も調整つでき、2つ使えば料理の幅も広がります。家庭菜園から直接使ったり、直接コンポストに生ゴミを入れたり、下水も汚さないで調理が可能になります。

毎日食べる食材はほとんど流通の過程で冷蔵されています。その冷蔵電源節約の為、その日に食べる野菜や魚を農家や漁師から直接買います。
葉山ではところどころで農家の直販仮店舗があります。農協前週2回、葉山湾日曜日、その他捕れたての有機野菜を冷蔵しないで置いているう店もちょくちょくあります。また、浜で矢島四郎さんの様な漁師さんの帰りを待ち、採った魚介類を売っていただくのは節電しながらとれたての幸をいただけます。
もちろん家庭菜園が一番理想ですね。

【その他アイディア】
•    お風呂で節電!
1日の終わりにお風呂でのんびり。そんな時間に、お風呂の電気を消して、たまにはキャンドルでと思い、実践しています。
電気の明かりよりもキャンドルの方が、なんだかリラックスできる気がします。
節電できて、しかもリラックス!!ぜひ、ためしてみて下さい!!

•    「夜、電気を消して、家族で語る時間をつくる」
夕食後の5分間、などと決めてやってみる。
計画停電の時に感じた電気のありがたさを思い出せるし、TVや、ゲームなどをしない、家族のコミュニケーションの時間にもなる♡♡♡

•    夏以外は冷蔵庫は使わない。
→冬は腐らないです。保存食にしたり、電子レンジを使わなくなって健康にもいいです。
出かけるときはブレーカーダウン。待機電力がゼロになる。
電気を使わないローテクを製品を見直す。

•    夜、今より5分早く寝る。これが1万人で5万分。
100万人で500万分の使用している電気の節約ができる。
想像してみるとすごい量の節電をして、誰でも簡単に実行できる。
そして健康にも良い!

•    アンペアを下げた。
冷蔵庫を使用する際、温度調整を小にする。
クーラー(エアコン)を使用しない時はコンセントを抜いておく。
炊飯器を使わず、圧力鍋を使用

•    鎌倉市で毎月□日はOFFの日とし、市民みんなで節電に取り組む。
→例えばキャンドルナイト/ブレーカーダウン/星空鑑賞/アウトドアをする
パソコンやテレビを使う時間を1日何時間にするか決めて、それ以上は使わないようにする、
疲れもなくなる。

•    冬場の冷蔵庫、出かける時は電源OFFにしても大丈夫!ブレーカーダウンはおすすめです。
夏はとにかく風通しを良くして冷房を使わない。
冷蔵庫は空いているより、詰めた方が良い。
夫婦は仲良くしないと効率が悪くてエネルギーのムダにつながる。夫婦円満は大事です♡

•    お鍋でご飯を炊く。
万能鍋、圧力鍋、ル・クルーゼ、土鍋…。
どんなお鍋でも、炊飯器で炊くより美味しい♪
保温も必要なし!
冷めても美味しいお米がいいお米だと思います。

主婦的には…
掃除機→ホウキ(こっちの方が手軽!お客さんが来る時だけ掃除機で)
冷蔵庫に入れない(元気な野菜は冷蔵庫に入れたらもったいない。保存食にするのも◎)
電気ポット→魔法瓶(まほうびん、響きがかわいい。手入れも楽)
もおすすめです!!

•    TVをみない
ほうきとちりとりとほうじ茶がらでそうじ
電球をかえる
よる早くねて朝早くおきる(免疫力もUP)
電子レンジ(オーブン)は物入れとして使用する→出すのがめんどいので使わなくなる。
使わない工夫をするようになる。
イラストなども手描き。ちらしづくりもてがきにちょうせん
レジスターは木箱
ガスストーブ、灯油ストーブを使用

•    ミントやティートゥリーなど爽やか系のエッセンシャルオイルで化粧水をつくり、暑い時に
霧吹きで顔などに吹きかけます。すっとして気持ちがよく、よい香りにつつまれます。
肌の保湿に加え、虫よけ効果も!冷房要らずで一石三鳥☆

○去年の計画停電のときから実施
「アロマキャンドルで入浴!大人のリフレッシュタイム」
3時間停電したときから始めたこと。
家中の電気を消して1本のアロマキャンドルを灯し、お風呂に入ります。
カラスの行水のわたしも、たっぷり1時間以上風呂場で過ごせる気持ちよさ。
アロマオイルも湯船に垂らし、よい香りに包まれてリラックス&リフレッシュ、できますよ。
ゆらゆら炎もまたなごみ、幸せを感じます。

○「電気炊飯器をごはん土鍋にする。」
必要な分だけ炊けばいい生活になり
いつでも香りよい炊き立てごはんが食べれる。

たいよう講アンペアダウン推進プロジェクト からブレーカーダウンの提案

たいよう講アンペアダウン推進プロジェクト
から提案です。

3月11日、おうちのブレーカーを落としてみませんか?

1時間でも、1日でも。
寒かったら厚着をしましょう。
夜はキャンドルの灯りのもと大切な人と過ごしましょう。
冷蔵庫は問題なし。冷凍庫は開けなければ凍っています。
固定電話はちょっと困りますが緊急以外は次の日でも。
ついでに携帯もオフして。

原発はいらない。

そう願いを込めてブレーカーのスイッチを降ろしましょう。
東電に願いを届ける、一番簡単な意思表示です。

私は去年の上関原発の強行工事の時に4日間ほど電気ストで
ブレーカーを落としていましたが不便は感じませんでした。
たくさんの方がしたら、東電へのインパクトは大きいはず。

ウォークや人間の鎖や追悼供養に出かける方はお出かけ前に。
おうちにいる方は地震のあった14:46から1時間だけでも。
「ブレーカーダウン中」という貼り紙があればなお良し。

「でも電気使ってるでしょ?」なんて言葉に無力化されないで
ください。未来をつくるのは私たちです。
ブレーカーダウンは意思表示。
原発の電気は使いたくない。自然にそった暮らしがしたい。
このMLに入っている人たちは既にそんな暮らしを始めているのだから。

311、そしてここから続く暮らしが持続可能なものとなるよう、
これからも知恵を出し合っていきましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

亡くなられた方のご冥福と、被災された方の生活が
心安らかなものとなりますようお祈りしつつ。

—————————
鎌倉での鎮魂祭など。

・3月11日神道、キリスト教、仏教合同の追悼供養、復興祈願。14:30~建長寺

http://kamakura.cocolog-nifty.com/inori/

・3月10日万灯を灯し一周忌追善法要。夕刻より長谷寺

http://www.hasedera.jp/09_gyouji/index.php?id=22

・3月10日イマジンナイト18:30~@moWa。
・3月11日ピースニックウォーク8:00葉山森戸神社~10:30鎌倉市体育館前~14:00遊行寺。

http://imagine.greenwebs.net/

鎌倉じゃないけど
・3月11日国会ヒューマンチェーン 17:00~

http://nonukes.jp/wordpress/?page_id=942

—————————

11月13日 葉山環境フェスタ ありがとうございます。

11月13日(日)葉山環境フェスタ、ご参加、ご協力いただいたみなさま
ありがとうございまうす。
「たいよう講」の活動がはじまって1年ちょっと、すてきな仲間にめぐまれました。

本格的にイベントに関わりました。

アンペアダウン・コンシェルジェによる、アンペアダウン、省エネのご相談受け付を行いました。

また、たいよう講メンバーのなかの数名で、鎌倉にエネルギー会社作る?
どうする?ということではじまった「かまでん」による鎌倉電力一号機の「かまいち君」自転車発電機の登場。

ソーラークッカーによる焼き芋。焼いていないから焼き芋とは言わないのかな。
廃油で動くディーゼルエンジンのベンツと、キャンピングカーのご紹介などなど、盛りだくさんでした。

そして、メインはISEP顧問の竹村英明さんと、地元逗子在住のピースボートこどもの家代表の小野寺愛さんによるトーク。地元の仲間たちを巻き込みながら、エネルギーシフトの可能性などの話がありました。

竹村さん、愛さん、ありがとうございます。

今後も地域からエネルギーシフトにむけて動いていきたいと思います。

文責:森野

2011年8月25日付け、夕刊の朝日新聞

2011年8月25日付け、夕刊の朝日新聞にアンペアダウンが紹介されました。

たいよう講の地域での取組みも紹介されました。

 ”地域ぐるみで取り組む例も出てきた。神奈川県鎌倉市、逗子市、葉山町の住民約60人でつくるグループ「たいよう講」では16世帯が計320アンペア引き下げた。「竹製の枕で寝ると涼しい」など実践中の工夫を披露し合い、再生可能エネルギーの勉強も重ねる。安くなった電気代の明細を見て、「もっと節電したい」と意欲的になる人も現れている。”

全文は、下記リンク先で読めます。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201108250186.html

アンペアダウンプロジェクト チラシできました。

大震災、原発事故、計画停電などで、「たいよう講」でもすすめてるアンペアダウンが

俄然、注目されてるそうです。

 

仲間がチラシをつくってくれました。

印刷してご利用ください。

 

 

 

アンペアダウンについてはナマケモノ倶楽部のウェブをご覧ください。

アンペアダウン・プロジェクト

 

雑誌オルタナにアンペアダウンが記事になりました。オルタナ

 

アンペアダウン・プロジェクト でんきナマケます

 

「たいよう講」では、持続可能な社会を目指すために地域からエネルギーシフトをしたいという仲間が鎌倉、逗子、葉山を中心にグループをつくって活動しています。

 

まず最初に、みんなで集まって話をしたときに何ができるだろうということで、簡単にできることでアンペアダウンをしよう。ということになりました。

地域でアンペアダウンをする人がいっぱいいたら楽しいんじゃないなんて妄想しました。

 

 

アンペアダウンというのは、電気の契約アンペアを下げる運動で、環境文化NGOのナマケモノ倶楽部がすすめています。

 

すでにアンペアダウンをした仲間の話では、契約アンペアは余裕をもって契約していることが多いので、たいてい下げられる。

アンペアダウンプロジェクトはこんな目的です。

・契約アンペアを下げると使用できる電力がさがるのでピーク電力を下げる。

・電気代が安くなる。ワンランク下げるとひとつきに100円〜300円くらい安くなる。

・使える電気の量が決まっているので、電気の使い方を考えるようになる。

・日本では電気を買うときに電気を選べないけど、自分の暮らしを自分で選んでいる気持ちになる。

 

そこで、イベントや映画「ミツバチの羽音と地球の回転」のリレー上映会でアンペアダウンを広める運動をしました。

 

 

 

 

 

 

実際のアンペアダウンのやりかたですが、電力会社に電話すると翌日以降に工事にきてくれます。

工事は無料で時間にして15分もかからない。

あっという間に終わってしまいます。

電力会社に電話すると、ご意見ご質問ありませんかとか聞かれたら、「原子力発電をやめて欲しい。」とか「自然エネルギーへシフトしてほしい。」とか意見を言うのがはやりです。

 

たいよう講の仲間や、地域の仲間では20世帯くらいはアンペアダウンしています。

 

ちなみにレポーターは現在、15アンペアにダウンしてますが10Aに下げようかと考え中です。

ひとり暮らしでは15アンペア、二人だと20アンペアにしている人が多いです。

もっとも下げたのは10アンペアのガールズが3名います。

電気代は約350円/月だそうです。

これだと安い太陽電池を買って発電しても余裕で電気足りそうな気がします。

10アンペアのコツは冷蔵庫持たない生活です。

冷蔵庫なくて大丈夫なのという声が聞こえそうですが、夏も越していたので工夫すれば大丈夫です。買い物を考える、保存食の作り方を覚えるなど、いろいろあります。

冷えたビールをすぐ飲めないのは悩みですけど。

 

アンペアダウン。

まずは、家のブレーカーの色をみて契約アンペアをチェックしてみてください。

 

アンペアブレーカーの色             赤          桃            黄           緑           灰                茶              紫
契約アンペア(A)                        10          15           20          30           40              50             60
基本料金(円/月)税込          273       409       546         819       1,092      1,365        1,638
基本料金(円/年)税込 3276  4914      6552     9828      13104     16380       19656

ナマケモノ倶楽部のアンペアダウン・プロジェクトのページで、必要な契約アンペアなど調べることができます。

アンペアダウン・プロジェクト でんきなまけます。 http://www.sloth.gr.jp/a-down/

 

みんなのアンペアダウンのページではたいよう講のメンバーも素敵な笑顔で何名が出てますので、探してみてくださいね。


でんきなまけて、すてきな暮らしをしちゃおう。