6/20(水)たいよう講 みんなが目指すエネルギーシフトした社会は?


6月のたいよう講のお知らせです。
全部の原発が停止していますが、未だに福島第一原子力発電所の事故は収束せず
4号機の倒壊により、最悪の可能性もあるなか、大飯原発の再稼働問題、汚染瓦礫の拡散など
問題は山のようにありますが、未来を自分たちで選んで、エネルギーシフトを目指そうという
動きも、いろいろな方面から聞こえてきています。

今こそエネルギーシフトの時代。
エネルギーシフトって、そもそも、どんなふうにシフトするのかというのを
みんなで話してシェアしたいと思います。

☆エネルギーシフト!
あなたが目指すのは、市民電力会社(系統連携)?
それとも独立系(オフグリッド)?
それとも、第三の道?

日時 6月20日(水)19時~21時半
主催 たいよう講 

http://taiyoukou.greenwebs.net/

Twitter @tttaiyoukou

場所 ソンベカフェ 鎌倉駅裏駅3分

内容
ドイツでは、映画「シェーナウの想い」を観た方はご存知でしょうが
脱原発から市民による自然エネルギーの電力会社が立ち上がりました。
日本でも、今年の夏からFIT(全量買取制度)の施行により、自然エネルギーが
爆発的にのびることが予想されます。 
また、2013以降に家庭の電気も自由化を目指すという話も聞こえてきました。
現在でも、「えねぱそ」などグリーン電力証書や、余剰電力の売電により
自然エネルギーを販売する会社やNPOも少数ですが、存在します。 
自然エネルギー会社が地域から、立ち上がったらと考えたら、ワクワクしませんか?

一方で、トランジションタウンの仲間では南阿蘇で、エネルギーを自給して
電力会社と繋がらないオフグリッド(独立系)と言われる暮らしをはじめたり、
藤野電力など出来るところから、自然エネルギー自給を目指す動きなどもあります。 
電力会社と繋がらないで暮らせたらと考えると、こちらもワクワクします。
あなたが、目指すのはどっちでしょうか?
それとも、もっとワクワクするアイデアがあったりとか?
市民電力会社の立上げか、独立系か、それとも両方やってしまうのか? 
それとも他にグッドアイデアがあったりするかも?
みんなで話しませんか?

コメントは受け付けていません。