第3回鎌倉エネルギーカフェ2015-16

今期三回目の鎌倉エネルギーカフェ、
「知恵と工夫でやってみよう、省エネ生活」
のご案内です。

講師は昨年に引き続き、
鎌倉在住の主婦、宇治牧子さん。

昨年、一主婦として
明日からでもできそうな
楽しく自然体で取り組む
省エネルギーな暮らしのお話が
とてもおもしろかったので、
再度お話をいただくことにしました。

また今回は、
ここ最近旅先で出会った
省エネルギーな暮らしの様子も
お話しいただく予定です。

それでは皆様、
エネルギーでつながる輪も楽しみに
お待ち申しあげております。

2015-16鎌倉エネルギーカフェチラシ素案-1

■第3回鎌倉エネルギーカフェ2015-16

知恵と工夫でやってみよう、省エネ生活

日時:15.10.04(日)15:00~18:00
※集合時間にご注意ください。
講師:宇治 牧子(鎌倉在住の主婦)
会場:カジュアートスペース(鎌倉市二階堂57-1)
http://khaju.com/
※前回と異なりますのでご注意ください。
会費:1,000円
定員:20名(先着順)
申込先:tamotsu.hidaka☆kirakunat.com(☆を@に変えてお申し込みください)

(連絡事項)
・持物は、筆記用具、自慢の一品(飲食物/可能な範囲でOK)です。
・今回は、おやつとして「自慢の一品」をいただきます。

チラシPDF 2015-16鎌倉エネルギーカフェチラシ

2014-15鎌倉エネルギーカフェのご案内

たいよう講では、地域で同じ想いで活動をしている
「鎌倉エネルギーカフェ」と力を合わせてエネルギーについて
学ぶ場をつくっていくことになりました。
311以降高まっているエネルギーについての
ぜひ、この機会に学んでみてください。

2014鎌倉エネルギーカフェチラシ140713OL

2014鎌倉エネルギーカフェチラシ140713OL

昼間の気温が
30℃を超えるように
なってきました。

関東地方の
梅雨明けの発表は
まだのようですが、

本格的な夏の到来は
すぐそこですね。

我が家では、
今年も張り切って(笑)
エアコンなしで
暑い夏を
楽しもうと思います。

さて表記の件、
おかげさまで今年度も
「鎌倉エネルギーカフェ」を
開催する運びとなりました。

今年度で三期目。

すぐに何かが
劇的に変わらなくとも、

生活の哲学を
見つめ直す契機として
地道にこの催しを
続けることが、

将来エネルギーの仕組みを変える
土台作りとなることを信じて、

毎年毎回楽しんで、
皆さんとエネルギーのことを
学び合っていきたいと思います。

なお今年度より、
鎌倉で同じ志を持つ「たいよう講」と
「鎌倉エネルギーカフェ」が力を合わせ、
エネルギーについて学ぶ場を
作っていきます。

※たいよう講HP
http://taiyoukou.greenwebs.net/

力を合わせることも、
エネルギーの節約に
つながりますからね!

ということで今年度も、
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・

■会場:カジュ・アートスペース
  →住所…鎌倉市二階堂57-1
  →HP…http://khaju.com/
■会費:1,000円
■定員:20名(先着順)

第1回:技術者が語る、持続可能なエネルギー
14.08.24(日)15:00~18:00
話題提供者:前田康之

第2回:エネルギー依存症の生活脱出術を学ぶ
14.09.21(日)15:00~18:00
話題提供者:宇治牧子/外川まり子

第3回:在るもの生かし、知恵と油で暖を採る
14.01.12(祝)15:00~18:00
話題提供者:佐野 武

第4回:省エネな住まいとまちをデザインする
15.02.11(祝)15:00~18:00
話題提供者:日高 保

第5回:エネルギーと環境、エネルギーとまち
15.03.15(日)15:00~18:00
話題提供者:日高 保

■お問い合わせ・お申し込み
鎌倉エネルギーカフェ事務局
きらくなたてものや 日高
E-mail tamotsu.hidaka@kirakunat.com
TEL 080-5467-8701

※WEB版もどうぞご覧ください!
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/f4/f759904bbe7a7c70e153ca7120f999d8.jpg

7月21日(日)パタゴニア鎌倉ストア前出店します。

7月21日(日)パタゴニア鎌倉ストア前にNPOかまわが出店するのに便乗して
たいよう講も、こっそり相乗り出展しております。

アンペアダウン コンシェルジェや、オフグリッド太陽光発電システムの展示、ソーラークッカーの展示などをします。

参議院議員選挙の日なので、選挙で投票そいたあとに鎌倉のエネルギーの未来の話などで
盛り上がりたいと思います。

続きを読む

鎌倉市で、環境基本計画の一部改定案への意見を募集

鎌倉市で、環境基本計画の一部改定案への意見を募集しています。

募集の内容は、ふたつです。
ひとつは化学物質・放射性物質、

もうひとつは、エネルギーの有効活用です。

放射能とエネルギーという今、もっとも注目すべき2点への意見募集です。
ご一読のうえ、意見ご提出いただければと思います。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kankyo/24kihonkeikakukaitei-pubcom.html
第2期鎌倉市環境基本計画一部改訂案への意見を募集します

改訂の背景

東日本大震災後の環境変化を踏まえ、第2期鎌倉市環境基本計画の目標項目である「化学物質」と「エネ ルギーの有効利用」を一部改訂する案への意見を 募集しています。いただいたご意見と市の考え方につきましては、整理した上でホームページにて公表します。なお、ご意見に対する個別 の回答はいたしません のでご了承ください。
改訂案

II(4) 化学物質放射性物質(ワード:212KB)

VI(14) エネルギーの有効利用(ワード:100KB)

改訂案は、環境政策課のほか各支所でも配布しています。
意見募集期間

平成25年2月15日(金曜日)から平成25年3月17日(日曜日)まで
意見の提出方法

改訂案へのご意見は、住所・氏名・電話番号を明記して、書面の提出のほか、郵送、ファクス、電子メー ル(いずれも必着)にて受付けます。書面での提出は、本庁舎1階、環境政策課(本庁舎1階)まで(8時30分から17時15分まで。 土日祝日を除きます。)
お問い合わせ

所属課室:環境部環境政策課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3421

ファクス番号:0467-23-8700

メール:kankyo@city.kamakura.kanagawa.jp

『実践!鎌倉・2050年への街づくり』 ~地域エネルギーを活用した持続可能な地域経済構築のススメ~

鎌倉でエネルギーシフトのイベントが開催されます。

たいよう講は絡んでいませんが、自分たち以外でエネルギーシフトのイベントがあるのは
うれしいことです。
ひろがってきてますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月8日(金) 鎌倉市 鎌倉商工会議所ホール 18時半~20時40分 参加費:2500円

ちきゅうのこ22プロジェクト主催 シンポジウム『実践・鎌倉2050年へのまちづくり!』

講演『ドイツのエネルギー自立地域』

内容:

・エネルギー自立とエネルギーシフトの意義、意味、本質について

・ドイツのエネルギーシフトにかかわる政策、現状について

・社会的、法的、経済的な背景を事例を用いながら紹介

・いくつかのエネルギー自立事例を紹介

http://chikyu22.jimdo.com/

 

3月8日(金) 鎌倉市 鎌倉商工会議所ホール 18時半~20時40分 参加費:2500円

ちきゅうのこ22プロジェクト主催 シンポジウム『実践・鎌倉2050年へのまちづくり!』

講演『ドイツのエネルギー自立地域』

内容:

・エネルギー自立とエネルギーシフトの意義、意味、本質について

・ドイツのエネルギーシフトにかかわる政策、現状について

・社会的、法的、経済的な背景を事例を用いながら紹介

・いくつかのエネルギー自立事例を紹介

http://chikyu22.jimdo.com/

続きを読む

目指せ市民電力! 自然エネルギーと発送電分離

電力自由化してドイツのように電気を選べるちかい近い?

たいよう講も下記のイベントに参加予定です。

市民電力を目指すみなさまと、お会いできるのを楽しみにしています。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
eシフトブックレット2号出版記念・eシフトシンポジウム
自然エネルギーと発送電分離~電力を市民の手講に!
【日時】2012年11月3日(土・祝) 16:00~19:15
【会場】カタログハウス セミナーホール(新宿)

http://e-shift.org/?p=2446

_______________________________

「自然エネルギーだけでつくられた電気を使いたい」 「値上げなんてゆるせない、電力会社からはもう買いたくない」 そう思っても、今の私たちは、家庭で使う電気を選ぶことはできません。 原発から自然エネルギーを中心とした社会に転換するための鍵を握るのが、発 送電分離です。現在の地域電力会社が独占している送電網を開放し、地域の再 生可能エネルギー事業者も参入できるようにしようというものです。 原発事故後のエネルギー政策見直しで、経済産業省でも電力システム改革が議 論されています。政府の案はどのようなものか、自然エネルギー社会の実現に つながるのか、飯田哲也氏を迎えて議論します。 また、各地ではすでに始まっている市民電力の取り組みは、地域の資源や人 をつなげ、ボトムアップで社会を変えていく大きな可能性を持っています。 電力を市民の手に取り戻すために何ができるか、各地のパイオニアとともに考 えます。 【日時】2012年11月3日(土・祝) 16:00~19:15 【会場】カタログハウス セミナーホール(新宿)  http://www.cataloghouse.co.jp/seminar/map_tsem.html  東京都渋谷区代々木2-12-2/JR新宿駅南口の改札口を出てすぐの甲州街道  を右(初台方面)に進んで、3つめの信号を左折。道なりに150メートルほ  どで、左手に白いカタログハウスのビルがあります(劇団プークの一つ先) 【プログラム(予定)】 ●第1部:政府の電力自由化は自然エネルギーを進められるか?!  ・政府で検討されている電力自由化とは?  ・それは脱原発・自然エネルギー促進につながるの?  ・今の電力会社はどうなる? ○趣旨説明と概要  竹村英明氏(エナジーグリーン株式会社) ○講演  飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長) ○会場との質疑応答・ディスカッション ●第2部:各地で市民電力の取り組みがはじまった! ・各地で始まっている市民の取り組み。その手法や現状・課題は? ・他地域への波及の可能性は? ○小田原電力/鈴木悌介氏(鈴廣、エネルギーと経済を考える経営者会議) ○世田谷電力/高山 博氏(世田谷区産業振興公社常務理事・事務局長) ○いわきコミュニティ電力/大和田順子氏(サステナブルコミュニティ・                           コーディネーター) ○神奈川生協の取り組み/鈴木伸予氏(生活クラブ神奈川) ○コーディネーター:奈良由貴氏(足元から地球温暖化を考える市民ネットえ                    どがわ) ●終了後、19:45頃よりレセプションを予定しています。(希望者のみ) 参加者、ゲスト、eシフトメンバーとの交流で、議論を深めましょう。 参加費は実費(調整中)、会場調整中。 【資料代】1200円(eシフトブックレットVol.2つき)       ブックレット持参の方は500円      学生 1000円(eシフトブックレットVol.2つき)       ブックレット持参の学生の方は300円 【申込】こちらからお申し込みください。     https://ssl.form-mailer.jp/fms/6c4dc954217555 【問合せ】 eシフト事務局(FoE Japan内)03-6907-7217、info@e-shift.org ※eシフトブックレットVol.2『脱原発と自然エネルギー社会のための発送電分離』 http://e-shift.org/?p=2310 【主催】eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) 【後援】合同出版 『eシフト』(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)とは: 2011年3月11日の福島第一原発事故を契機に、脱原発と自然エネルギーを中心 とした持続可能なエネルギー政策を実現させることを決意した、団体・個人の 集まりです。 1 「事故被害の最小化」と「責任所在の明確化」 2 「脱原発と持続可能なエネルギー政策に向けた政策提言づくり」と「その実現」 3 「市民への有益な情報発信」と「社会的ムーブメントの巻き起こし」 の3つの分野で活動を展開しています。
たいよう講も以下のイベントに参加予定です。
市民電力を目指すみなさまとお会いできるのを楽しみにしています。

【10月17日のたいよう講の報告】

10/17のたいよう講のMLでの報告です。
反響がありましたので、HPでもシェアさせていただきます。

—————————————–
たいよう講のみなさまへ

10月17日(水)のたいよう講報告について、トコより報告いたします。
参加者は12人でした。

はじめの30分。
すずけんさんロケットストーブと太陽光発電のワークショップを
今後定期的不定期に開催していくことが決まりました。
開催日等は決まったらすずけんさんからお知らせしていただきます。

その後、5アンペアでの生活に挑戦している
朝日新聞の斉藤健一郎記者のお話しをうかがいました。
斉藤さんが住んでいるのは、表参道。
マンションの写真などを見せていただきながら話を伺いました。
以下、斉藤さんのお話。

《記事について》
記事を載せられると思っていなかったが、上司に1人だけ理解者がいて、載せることができた。
記事を載せてから、普通だったら2日間ほど反響が寄せられるのだが、今回は1週間寄せられた。
「頑張って」とか「続報楽しみにしています」など、応援の声が多く、
同じ思いの人がたくさんいることに驚いた。

《東京電力とのやりとり》
福島での取材から都内に戻った際、
東京電力の電気によって、携帯電話が充電されていくことへの気持ち悪さを感じた。
なるべく電気を使わない生活にシフトしようと、東京電力のカスタマーズセンターに電話。
「一番低いアンペア数に変えたいんですが・・」と尋ねると「10アンペア」との回答が。
「5アンペアがあると聞いたのですが・・」
「ちょっとお待ち下さい」・・・2分ほど経過
「やはり10アンペア」です。
「いや5アンペアあるでしょ、何で言わないんですか」
「5アンペアですと、普通の生活はできません」
といったやり取りを経た後、アンペア数の変更作業の前に
作業員の下見が家に来る。
家電製品をチェックし、「これも使えない、あれも使えない」と言われ、
10アンペアを勧められるも、「いいんです」と5アンペアでの作業を依頼。

《作業》
5アンペアを設置すると思いきや、10アンペアを設置。
渋谷店には、5アンペアの在庫がない模様。
ということで、現在契約は5アンペアだが、10アンペア使用できる状況。
5アンペアは基本料金0円。

《日常》
電子レンジ、炊飯器、魚を焼くグリルなどが使えなくなった。
マンションで風通しが悪いので、夏の間は扇風機を回しっぱなし。
寝るときは、ゴザが涼しいと聞いたので、
布団の上にゴザを敷いて全裸で寝たら、大丈夫だった。
小さな太陽光パネルで携帯電話などを充電。
会社へは電動付き自転車の電気を使わずに、ただの重い自転車で通勤。
会社ではエレベーターを使わずに、階段を使用。

《課題》
今後ゼロを目指したいが、課題がある。
①メインスイッチが電気なので、お風呂に入れない。
②洗濯機は無いと困る。
③ウォシュレットは必需品
何か良いアイディアはないか。

《金額》
今月1000円を始めてきった。すごくうれしい。
ガスが高くなったのではないかと言われるが、変わらなかった。

《意見交換》
・ メーカーとかからオファーはないのか?
→他のネタはたくさんオファーが来るのに、これにはまだこない
・ 床や壁に無垢材を敷くと、涼しい&あたたかい
・ 藤野電力と組んでいるワンゲインという大阪の会社のOLさん http://shop.onegain.co.jp/
自家発電少女 http://jikahatsugirl.blog.fc2.com/ などの情報提供

斉藤さんは、0アンペアを目指しています。
課題に対して、何かいいアイディアお持ちの方は、ぜひお寄せください!

以上です。

10月17日(水) たいよう講

直前のお知らせとなりますが、今週のたいよう講は
朝日新聞の記者、斉藤健一郎氏を招き、お話をうかがいます。
彼は、福島県郡山駐在支局を担当中に原発事故にあい、最前線で取材をしてきた記者です。
現在は東京に戻っていますが、5アンペアの生活に挑戦し、体験記事を書いています。
会では、福島での取材の話や、5アンペアでの生活の知恵などについて、お話してもらいます。
ぜひ、お越し下さい。

************************

日時:10月17日(水)19:00~21:00
場所:ソンベカフェ(鎌倉駅西口徒歩3分)
http://song-be-cafe.com/
※定休日となりますのでお食事は各自ご用意ください。
参加費:100円(場所代)+ドネーション(お気持ちで)
内容
【19:00~】
ロケットストーブと太陽光発電のワークショップについて。
すずけんさんから提案があります。
【19:30~】
朝日新聞 斉藤健一郎記者のお話
•原発事故後の取材活動と感じたことについて
•5アンペアでの生活について

 

************************

今回の たいよう講 の企画をしてくれたトコちゃんが取材した
「藤野電力」特集が本日放送されます!
みなさま、こちらもお見逃しなく!

テレビ神奈川(地デジ3ch)
10月16日(火)21:30〜「ニュース930」特集コーナーにて
(放送は21:40前後になると思います)

ロケットストーブWS @10/14 鎌人いち場

10/14(日)の『鎌人いち場』にて、
たいよう講では被災地でも活躍したロケットストーブWSをします。
講師は、エネルギーやスピリチュアルなことを語らせたらピカイチの
すずけんさん。ただ作るだけじゃなくて、原理も学んで自分仕様に皆が
作ってほしいということで、じっくり話しながら作ります。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

ロケットストーブ ワークショップ
煮炊きのできるロケットストーブを、ペール缶でつくってみます。
効率のいい2段式!すぐに料理ができるように五徳もついています。
みんなで組み立てながら、ロケットストーブの原理も教えてもらいます。

[日 時]2012年10月14日(日)10:00~12:00
[場 所]鎌人いち場[知る場]たいよう講ブース
☆☆☆☆(鎌倉海浜公園由比ガ浜地区)http://kamandoichiba.com/
[参加費]もちかえる方 8,000円 / 見学のみの方 無料(ドネーション歓迎)
[要予約]makiko103☆hotmail.com (☆を@に変えてください)
☆☆☆☆☆090-3902-9121(たいよう講 宇治牧子)
[定 員]もちかえる方 1名 / 見学のみの方 数名
[仕 様]ペール缶キッチンコンロ、2段仕様
☆☆☆☆☆燃焼口のL字煙突と五徳まで含むフルセット

■ 講師プロフィール ■
鈴木賢一 (たいよう講&トランジション平塚準備会)
エネルギーシフトに興味があり、自分でできるシフトを提案している。
ロケットストーブ、オフグリッド太陽光発電などのワークショップを開催する。
トランジション平塚準備会:http://tthiratsuka.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

主催:たいよう講  http://taiyoukou.greenwebs.net
地域からのエネルギーシフトを目指し、葉山と鎌倉を中心に活動をしています。
鎌人いち場 たいよう講ブースではアンペアダウンコンシェルジェ、
アンペアダウン不動産など、省エネ=楽しく豊かな生活のご提案をしています。どうぞお立ち寄りください!